中井ゆり

記事一覧(12)

【第12回】自己啓発書を読む人を揶揄する風潮をどう思いますか?

緑川夕子(以下、緑川):緑川です。この日をどんなに楽しみにしていたことか…今回もどうぞよろしくお願いします。千田琢哉(以下、千田):よろしく。緑川:早速本題に入らせていただきます。今回は千田本もジャンルに含まれることがある「自己啓発書」についてお話しさせてください。「我が国の自己啓発市場はすでに数千億円となり、もうすぐ1兆円に届くのではないか」と何かで読みました。これほどまでの勢力となった市場に対する嫉妬もあるのでしょうが、「くだらない」「そんな本を読んでいる人間は駄目だ」「お金と時間の無駄」と揶揄する声もあります。中には自分が自己啓発書の著者でありながら「自己啓発書なんて…」と言う人もいます。それについて千田さんはどう思いますか?千田:正直、特に何も思わないなぁ。他人はどうでもいいというか・・・緑川:あれ!?…ひょっとしてこれで終了でしょうか。これでは私、帰って中井に叱られます!千田:じゃ、何かそれらしいこと言っておこうか。中井さんが喜びそうなこと(笑)緑川:あ、あのヘルプ!ヘルプ!お願いします(泣)千田:自己啓発市場というのは日本に限らず世界的に見ても大きいよ。アメリカなんて桁違いじゃないかな。成功したい人がウジャウジャいるし、チャンスがあれば彼らは遠慮なく飛びついてくるから。日本人みたいに本当は成功したいのに自分に嘘をついてまで批判して誤魔化さない。みんな正直に「お金持ちになりたい!」「アメリカンドリームを叶えたい!」と、堂々と叫ぶからね。俺の本の翻訳版は中国、韓国、台湾、ベトナムなどで40冊以上出ているんだけど、増刷がかかっているのもあるし、あちこちからファンレター、ファンメールも届くよ。SNSでも千田本情報が世界中で飛び交っている。

【第6回】千田さんは、生涯独身で働く女性についてどう思いますか?

◆すべては人間の心理の集大成◆中井ゆり(以下、中井):ここ最近は結婚しない・結婚できない男女も増えてきていますよね。生涯独身で働く女性もいますが、千田さんはそれについてどう考えますか?千田琢哉(以下、千田):少し前からさ、AI(人工知能)について騒がれているでしょ?これからどんどん労働力が要らなくなっていくから、人口減少は正しい流れなんだよ。中井:自然の摂理ということですか?千田:そう。自然の摂理。人口減少を懸念する人もいるけれど、このまま地球上に人口が増え続けるほうが心配だと思わないと。たとえば現在地球の人口が70億人として、これが700億人とか7000億人になったらどうなる?あるいは現在日本の人口が1億人として、これが10億人とか100億人になったらどうなる?きっとこれまでに考えもしなかったいろんな問題が勃発してくると思うよ。日常がTDRやUSJの混雑状態(笑)中井:なるほど。極論を考えると見えないものが見えてきますね。千田:これは統計的にも立証されているんだけど、人は心から安心を感じられる環境では“夫婦二人に子ども二人”というパターンに落ち着くんだよね。中井:つまり現状維持ということですね。千田:そうなんだ。これが飢饉だとたくさん子どもを産んで人口を維持しようとするし、将来に不安を抱える先進国だと結婚しても子どもを産まないとか一人っ子の家庭が増える。もちろん人口は減少するわけだ。中井:人口は人間の心理と関係しているということですね。千田:人口のみならず政治経済も含めてすべては人間の心理の集大成だよ。AIが社会に本格的に導入されると社会が根底から大きく変わる。必要のないものが炙り出されて露呈され、どんどん人から仕事が奪われてしまうんだ。残酷な言い方だけど、これまで無能さを隠蔽して要領よく生きていた人たちはすべて不要になるわけ。公務員がやっている単純作業や誰でも代替可能な肉体労働はその最たるものだね。会計士も、バスやタクシーの運転手も、コンビニやスーパーのレジ打ちも、すべて不要になる。これまでそうした職業に就いていた人は要らなくなるわけだから、人口減少はむしろありがたい追い風になるわけだよね。

【第4回】千田さんは、一代で上場企業を築くような経営者に憧れたことはありますか?

◆この人生は一回だから第一志望のことをやる◆中井ゆり(以下、中井):これは以前からぜひ一度聞いてみたかったんですが、千田さんは起業家に憧れたことってありますか?一代で上場企業を築くような人っていますよね。私の中では千田さんはあっちの道でも成功できるイメージがあります。千田琢哉(以下、千田):ふーん。どうして?中井:これまでに何人かの起業家たちとお話させてもらう機会があったんですが、千田さんもその人たちと同じ匂いを感じるからです。千田:まあ男としてカッコいいとは思うし、心のどこかに憧れもある。もちろん立派だと認める。だけど実際に「じゃあ、やりますか?」と迫られたら、優先順位としては二番目以降になる。人生が二回生きられると確実にわかっていれば、前半は文筆家として生きて後半は起業家として生きようと考えるかもしれないけど、今この人生は一回だから第一志望のことをやる。起業家として一代で上場企業を築くのが第一志望だったら、リタイアしたあとに文筆家として生きる道もあると思うけど俺の場合は優先順位が逆だからね。普通は功成り名を遂げた人がリタイアしたあとにようやくできるかもしれない選ばれし者だけが許されたご褒美を、俺の場合はすでに若くしてやらせてもらっている。自分で自分に嫉妬するくらい超ラッキーだと思ってる(笑)毎日宝くじに当選しているみたい。これ以上の幸せはないし、毎日が大フィーバーの人生だよ。