中井ゆり

記事一覧(14)

【第14回】どうしてお金持ちになっても低学歴だと世間は認めてくれないのですか?

緑川夕子(以下、緑川):千田さん、こんにちは。今日もよろしくお願いします。 千田琢哉(以下、千田):よろしく。楽しみにしていたよ。 緑川:ありがとうございます!
今回は特別にうちの中井が「真夜中の雑談」で取り上げる予定だった質問を、公開しようと思います。 実はこれまでに同じような質問が複数届いておりまして、そのほとんどが男性からです。 「低学歴というコンプレックスをバネにして、千田本を読んでお金持ちになることができました。しかし当初想像していたのとは違い、確かにお金持ちになるにはなったけど思っていたように尊敬されないし、認められないからどこか心が満たされていません。これはどうしてですか?」ということに集約されます。 千田:おっと、学歴とお金がテーマか。 ぶっちゃけ、俺もいい加減このテーマ、飽きてきたんだけど(笑)今回も本音コース希望?そうするとまたプライドの高い落ちこぼれが興奮するぞ。知的体力不足の落ちこぼれには最後まで読破できなくなるくらいに質量ともにハードに仕上げようか。緑川:ぜひお願いします。 やはりみなさん学歴とお金には興味津々ですが、これらの話題は一種のタブーになっていて誰も真実を語ってくれないですからね。
今の時代、千田さん以外にストレートにありのままの真実をわかりやすく教えてくれる人なんて地球上でいませんから。みんな何重にもオブラートに包み込んで逃げ回ります。ぜひ今回、千田節できっちりと決着をつけてもらいたいと。 千田:結論を言っちゃうと、お金儲けというのはとても簡単なんだよね。偏差値で言えば35とか40くらいのレベル(笑) “簡単”とだけ言うとさすがに語弊があるかもしれないけど、少なくとも一流大学に正々堂々と筆記で正面から一般入学したり、一流企業に正統派幹部候補の“総合職”として就職したりする難易度に比べたら、明らかにお金儲けは競技参加者の平均偏差値が低い。学歴・地位・財力すべてを獲得した水準以上の人々のありのままの声を集約した難易度を順に並べるとこうなる。       「(AOや推薦や附属上がりではなく)一流大学に“筆記試験で”合格・入学」                        ↓     「一流企業に(一般職や地域総合職やSEではなく純粋な)“総合職として”内定・入社」                        ↓                    「単なるお金持ち」これらの順番はそれらを成し遂げた場合の価値の序列でもある。 オブラートに包んで表現すると人類の序列。誰も口にしない世の中の本音を一発で理解できるように具体例を挙げると、「東大卒・東京海上日動総合職で年収1000万>>Fラン卒でギラついた保険のセールスで年収1億」「名古屋大学卒・トヨタ自動車本社勤務で年収700万>>中古車販売会社の元ヤン高卒社長で年収2億」「慶應卒・三菱地所総合職で年収1200万>>田舎の不動産販売会社の金のネックレスした中卒社長で年収3億」これで100人中100人が理解できたかな(笑)エリートたちが全員知っている真実があって我が子以外には誰も教えないけど、一流大学に入学するためには遺伝的に高い知能が求められるんだよ。 誰もが100メートル走で10秒を切れるわけではないのと同じで、誰もが一流大学に筆記試験で通るわけではない。厳密には人の足の速さや筋力は頂点と平均とではせいぜい数倍程度しか違わないけど知恵の差は無限大だからね。「アイツは自分より頭が良い」「国立と私立では入試科目数が倍違う」「偏差値が10ポイント負けた」というのは桁違いの差があると考えていい。最低限の生来の知能がなければ、どんなに猛勉強しても一流大学に正面から筆記試験で合格できないんだ。 頭の悪いお金持ちの子どもに全科目家庭教師をつけようが、特別な教材を与えようが「例の方法」を除いては一流大学は門戸を開かない。ブランドのバックや服と違ってお金で買えないからこそ価値がある。そもそもお金を払えば手に入るモノなんて極めて価値が低いからね。だから旧帝大(北海道大学・東北大学・東京大学・名古屋大学・京都大学・大阪大学・九州大学)の入学試験では、一部の例外を除けばたとえ文科系でも2次の記述試験で数学が必須になっていて、実質それが合否を左右する。どれだけ大金を積んでもデパートやネットショップでこうした能力は絶対に買えない。だから価値がある。

【第12回】自己啓発書を読む人を揶揄する風潮をどう思いますか?

緑川夕子(以下、緑川):緑川です。この日をどんなに楽しみにしていたことか…今回もどうぞよろしくお願いします。千田琢哉(以下、千田):よろしく。緑川:早速本題に入らせていただきます。今回は千田本もジャンルに含まれることがある「自己啓発書」についてお話しさせてください。「我が国の自己啓発市場はすでに数千億円となり、もうすぐ1兆円に届くのではないか」と何かで読みました。これほどまでの勢力となった市場に対する嫉妬もあるのでしょうが、「くだらない」「そんな本を読んでいる人間は駄目だ」「お金と時間の無駄」と揶揄する声もあります。中には自分が自己啓発書の著者でありながら「自己啓発書なんて…」と言う人もいます。それについて千田さんはどう思いますか?千田:正直、特に何も思わないなぁ。他人はどうでもいいというか・・・緑川:あれ!?…ひょっとしてこれで終了でしょうか。これでは私、帰って中井に叱られます!千田:じゃ、何かそれらしいこと言っておこうか。中井さんが喜びそうなこと(笑)緑川:あ、あのヘルプ!ヘルプ!お願いします(泣)千田:自己啓発市場というのは日本に限らず世界的に見ても大きいよ。アメリカなんて桁違いじゃないかな。成功したい人がウジャウジャいるし、チャンスがあれば彼らは遠慮なく飛びついてくるから。日本人みたいに本当は成功したいのに自分に嘘をついてまで批判して誤魔化さない。みんな正直に「お金持ちになりたい!」「アメリカンドリームを叶えたい!」と、堂々と叫ぶからね。俺の本の翻訳版は中国、韓国、台湾、ベトナムなどで40冊以上出ているんだけど、増刷がかかっているのもあるし、あちこちからファンレター、ファンメールも届くよ。SNSでも千田本情報が世界中で飛び交っている。

【第6回】千田さんは、生涯独身で働く女性についてどう思いますか?

◆すべては人間の心理の集大成◆中井ゆり(以下、中井):ここ最近は結婚しない・結婚できない男女も増えてきていますよね。生涯独身で働く女性もいますが、千田さんはそれについてどう考えますか?千田琢哉(以下、千田):少し前からさ、AI(人工知能)について騒がれているでしょ?これからどんどん労働力が要らなくなっていくから、人口減少は正しい流れなんだよ。中井:自然の摂理ということですか?千田:そう。自然の摂理。人口減少を懸念する人もいるけれど、このまま地球上に人口が増え続けるほうが心配だと思わないと。たとえば現在地球の人口が70億人として、これが700億人とか7000億人になったらどうなる?あるいは現在日本の人口が1億人として、これが10億人とか100億人になったらどうなる?きっとこれまでに考えもしなかったいろんな問題が勃発してくると思うよ。日常がTDRやUSJの混雑状態(笑)中井:なるほど。極論を考えると見えないものが見えてきますね。千田:これは統計的にも立証されているんだけど、人は心から安心を感じられる環境では“夫婦二人に子ども二人”というパターンに落ち着くんだよね。中井:つまり現状維持ということですね。千田:そうなんだ。これが飢饉だとたくさん子どもを産んで人口を維持しようとするし、将来に不安を抱える先進国だと結婚しても子どもを産まないとか一人っ子の家庭が増える。もちろん人口は減少するわけだ。中井:人口は人間の心理と関係しているということですね。千田:人口のみならず政治経済も含めてすべては人間の心理の集大成だよ。AIが社会に本格的に導入されると社会が根底から大きく変わる。必要のないものが炙り出されて露呈され、どんどん人から仕事が奪われてしまうんだ。残酷な言い方だけど、これまで無能さを隠蔽して要領よく生きていた人たちはすべて不要になるわけ。公務員がやっている単純作業や誰でも代替可能な肉体労働はその最たるものだね。会計士も、バスやタクシーの運転手も、コンビニやスーパーのレジ打ちも、すべて不要になる。これまでそうした職業に就いていた人は要らなくなるわけだから、人口減少はむしろありがたい追い風になるわけだよね。

【第4回】千田さんは、一代で上場企業を築くような経営者に憧れたことはありますか?

◆この人生は一回だから第一志望のことをやる◆中井ゆり(以下、中井):これは以前からぜひ一度聞いてみたかったんですが、千田さんは起業家に憧れたことってありますか?一代で上場企業を築くような人っていますよね。私の中では千田さんはあっちの道でも成功できるイメージがあります。千田琢哉(以下、千田):ふーん。どうして?中井:これまでに何人かの起業家たちとお話させてもらう機会があったんですが、千田さんもその人たちと同じ匂いを感じるからです。千田:まあ男としてカッコいいとは思うし、心のどこかに憧れもある。もちろん立派だと認める。だけど実際に「じゃあ、やりますか?」と迫られたら、優先順位としては二番目以降になる。人生が二回生きられると確実にわかっていれば、前半は文筆家として生きて後半は起業家として生きようと考えるかもしれないけど、今この人生は一回だから第一志望のことをやる。起業家として一代で上場企業を築くのが第一志望だったら、リタイアしたあとに文筆家として生きる道もあると思うけど俺の場合は優先順位が逆だからね。普通は功成り名を遂げた人がリタイアしたあとにようやくできるかもしれない選ばれし者だけが許されたご褒美を、俺の場合はすでに若くしてやらせてもらっている。自分で自分に嫉妬するくらい超ラッキーだと思ってる(笑)毎日宝くじに当選しているみたい。これ以上の幸せはないし、毎日が大フィーバーの人生だよ。