第9回 千田さんは、これから出版業界はどうなると考えますか?

◆リアル書店は全国主要450店舗+αに収束される◆

中井ゆり(以下、中井):今回は千田さんの関わっておられる出版業界についてお聞きしたいと思います。

私自身も音声ダウンロードサービスをやっていて、間接的に出版業界と関わっています。

すでにオーディオブックも社会的に認知されてきましたし、真夜中の雑談はオーディオブックに近い存在です。

ぜひ出版業界のこれからについて教えて頂けませんか?



千田琢哉(以下、千田):何からいく?一口に出版業界と言っても、リアル書店、電子書籍、出版社...といろいろあるけど。とりあえず、この順に話そうか?


中井:は、はい!欲張りですがぜひ全部お願いします!


千田:リアル書店は全国主要450店舗+αに収束されると思うよ。


中井:あの…私、勉強不足ですいません。今、日本に書店はどのくらいあるのでしょうか?


千田:概算で1万店強としておこうか。正確には13,000あるかな、というところ。


中井:え!?ということは9割以上が消えるということですか?


千田:そっちから考えるよりも、自分の故郷である都道府県を思い出してみるほうがイメージしやすいよ。

中井さんの故郷には「あそこの書店に行けば、ほぼ確実に欲しい本が売っているだろう」と信頼できる大規模な書店はいくつくらいあるかな?


中井:きっと10店もないですねぇ~。一生懸命思い出してもせいぜい5店くらいですね。


千田:じゃあ、それに都道府県数を掛けたらどうなるかな?概算でいいから計算してごらん。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~この続きを読むには~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆2022年11月10日発売◆
千田琢哉レポート【臨時増刊号Ver.3】

『千田琢哉インタビュー集』

<2017年~2021年公開済み21回+2022年未公開2回=計23回分を堪能頂けます!>


本ホームページにて公開しておりました2017年~2021年までのインタビュー、第1回~第21回と2022年に取材を予定しております2回のインタビューを合わせて、全23回分の記事を『千田琢哉インタビュー集』として、千田琢哉レポートのホームページにて発売させて頂きます。

第9回「千田さんは、これから出版業界はどうなると考えますか?」の続きが気になるあなたは2022年11月10日発売の『千田琢哉インタビュー集』にて、ぜひお楽しみください!


◆詳細はコチラ↓↓


◆千田琢哉(せんだ・たくや) プロフィール

文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒。
日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では多くの業種業界におけるプロジェクトリーダーとして
戦略策定からその実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。
のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話に
よって得た事実とそこで培った知恵を活かし、“タブーへの挑戦で、次代を創る”を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。

現在までの著書累計は260万部を超える(2017年8月現在)。


◆中井ゆり(なかい・ゆり) プロフィール

「真夜中の雑談」運営部 インタビュアー。

◆「真夜中の雑談」~千田琢哉に訊いてきました~

文筆家・千田琢哉があなたから頂いたお悩みに直接答える音声ダウンロードサービスです。

毎月1日と15日発売!

“毎月1回の飲み代を、毎月2回の勉強代に!”

↓こちらをクリック↓


◆Takuya Senda's Library

千田琢哉に関わる情報をご紹介しています。

著書一覧は「Books」よりお楽しみください。

↓こちらをクリック↓

写真の複写や文章のコピーを一切禁止します